sn2029学校法人 角川ドワンゴ学園 N高等学校および、S高等学校は2022年9月より、課題解決型学習「プロジェクトN」を茨城県立水海道第二高等学校と合同で実施。株式会社ローソン、茨城県教育委員会、プロeスポーツゲーミングチーム「FAV gaming」の協力のもと、eスポーツの世界で活躍するプレイヤーをサポートする食品を企画・開発します。

以下、プレスリリースより。
 
■ローソン新商品『e-SPORTSメシ』をN/S高、茨城県立水海道第二高校の生徒が合同考案!

e-SPORTSメシ開発プロジェクト

 学校法人 角川ドワンゴ学園 N高等学校(N高)および、S高等学校(同S高)は2022年9月より、課題解決型学習(PBL)「プロジェクトN」を茨城県立水海道第二高等学校と合同で実施します。
 株式会社ローソン、茨城県教育委員会、プロeスポーツゲーミングチーム「FAV gaming」の協力のもと、eスポーツの世界で活躍するプレイヤーをサポートする食品を企画・開発します。
 優秀企画は、関東圏内のローソン店舗にて来春以降、販売される予定です。
 
 プロジェクトNは、N/S高通学コースにおいて2018年から実施してきた課題解決型授業の総称で、 様々な企業や官公庁と連携し、生徒が実際の社会の課題の解決に取り組むプログラムです。2020年10月には社会的な価値が優れた物事に送られる「グッドデザイン賞」を受賞しています。
 今回のプロジェクトNに参加するのは、N/S高のほか、茨城県立水海道第二高等学校の家政科、商業科の生徒約160名です。生徒たちは同じ学校内で2~5名程度のチームを組み、商品を企画します。
 
 本プロジェクトでは、N/S高は高校生eスポーツ大会「Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2022」において5部門中4部門で優勝するなどの強豪校であることもあり、N/S高eスポーツ部のプレイヤーに生徒がインタビューを行う時間を設け、ターゲットとする顧客のニーズを直接ヒアリングする機会を提供します。
 さらにFAV gamingのメンバーの方から、企画に対するフィードバックをいただく場も用意します。
 2022年12月16日(金)には3校の生徒が集まるプレゼンテーション大会を行い、優秀企画を選定します。大会ではローソン社員やFAV gamingのメンバーの方などから講評をいただく予定です。

 
■プロジェクトN『e-SPORTSメシ開発プロジェクト』概要

e-SPORTSメシ開発プロジェクト

■実施期間
2023年9月9日(金)~2023年1月20日(金)
■授業構成
09月09日(金):導入、プロジェクトについての説明
09月30日(金):N/S高eスポーツ部所属プレイヤーへのインタビュー
10月07日(金):参加校横断の意見交換会
10月21日(金):中間発表(プロゲーマーやeスポーツ業界人からのフィードバック)
11月11日(金):講義「パッケージデザインについて」
12月02日(金):最終発表予選会
12月16日(金):プレゼンテーション大会
01月13日(金):表彰式
01月20日(金):振り返り

※授業は各校単位・各校内において、各校の担当教員が行います。
※講演と発表は3校合同で行います。

 
■茨城県立水海道第二高校について

■学校
茨城県常総市
■校長
海老沼正

 明治44年に設立された創立111年目の全日制高校で、家政科、商業科、普通科の3学科が設置されており、各学科の特長を活かした教育活動を展開しています。現在の生徒数は679名(2022年7月現在時点)。
 各学科の主な学びは、家政科では充実した調理、被服、保育等の実習施設や設備の中で、技術検定等のチャレンジやインターンシップをとおし、「現代のライフスタイルを探求しながら、進路に直結した学習」をしています。商業科では、企業会計、マーケティング、情報処理をコンピュータ室、商業実践室など充実した情報機器や設備の中で、学習の成果を各種検定試験受験(全商検定、日商検定、IPA等)へのチャレンジを積極的に行っています。
 「これからの生活に一番役に立つ実学(商業=ビジネス)の学び」をとおし、それぞれ専門的な知識や技術を学んでいます。家政科、商業科、普通科の3学科がお互い切磋琢磨して、「君の未来を切り拓け。楽しい学びがここにある。」を実践している高校です。

 
■学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校、S高等学校について
 
sn524

■N高等学校 本校
沖縄県うるま市
■校長
奥平博一

■S高等学校 本校
茨城県つくば市
■校長
吉村総一郎

 N高等学校、S高等学校はインターネットと通信制高校の制度を活用した“ネットの高校”で、現在の生徒数は両校合わせて22,267名(2022年6月時点)。
 「IT×グローバル社会を生き抜く“総合力”を身につける多様なスキルと多様な体験」を掲げ、今のネット社会に合った新しい教育を実践しています。
 授業やレポート提出をネットで行うことで自分のペースで学べる高校卒業資格のための必修授業の他に、大学受験やプログラミング、小説、ゲーム、ファッション、料理、美容など多彩なネットでの課外授業や、全国各地で行う職業体験により、社会で役立つスキルや経験も高校時代に身につけられるカリキュラムが特徴です。
 ネットコース、通学コース、オンライン通学コース、通学プログラミングコースの4つのコースから選択できます。
 また、日々の学習は映像学習だけでなく、バーチャル技術を活用した体験型の学びを行うこともできます。関連スクールには教育機会確保法に基づくN中等部、小中学生向け実践的プログラミングスクールのN Code Laboなどがあります。
 

N高公式サイト

https://nnn.ed.jp/


N高公式Twitter

https://twitter.com/nhigh_info



N中等部公式サイト

https://n-jr.jp/


N中等部公式Twitter

https://twitter.com/njrjp1