sn1372株式会社ドワンゴは、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の全国出張版イベント「ニコニコ町会議 全国ツアー2018」の5か所目となる「ニコニコ町会議 in岩手町夏まつり」を2018年8月14日(火)に岩手県岩手町で開催。会場来場者は1万4000人、ニコニコ生放送の視聴者数は11万人を達成しました。

以下、プレスリリースより。
 
■会場来場者数1万4,000人、ネット視聴者数11万人に!
 
ニコニコ町会議 岩手県岩手町1

 イベントの模様は全編にわたりニコニコ生放送で中継し、「踊ってみた」や「ゲーム実況」など、ニコニコの様々なジャンルで活躍するユーザーと地元ユーザーがステージイベントや番組企画を通じて交流しました。岩手町ならではの特産品の紹介や中継などを行い、番組を通じて岩手県岩手町の魅力を全国に発信。会場来場者は1万4000人、ニコニコ生放送の視聴者数は11万人となりました。

 
■イベントレポート
 
ニコニコ町会議 岩手県岩手町3

 今年5ヵ所目となるニコニコ町会議は、岩手県岩手町・岩手町夏まつりとの併催で開催されました。同県での町会議開催は今回で3回目で、2013年の洋野町、2015年の平泉町での開催に続き、今回もオープニングステージに達増岩手県知事が登壇しました。続けて岩手町の佐々木町長も参加し、テープカットに代わる“キャベツキャッチ”を行い、現地の特産物であるキャベツを駆使したセレモニーで来場者やネット視聴者にアピールしながら開会を宣言しました。
 
 今回もニコニコ動画で活躍するユーザー出演者によるステージパフォーマンスを始め、地元のニコニコユーザー参加型の企画を開催。地元岩手町をPRしている「キャベツマン」が道の駅・石神の丘で販売されている特産野菜を紹介し、番組のユーザーアンケートで食材を決定して焼うどんを作る「ニコニコ風焼きうどん作ってみた」では、「南部せんべい」、「大根のブルーベリー漬け」、「一升漬け」が選ばれ、地元の味をふんだんに盛り込んだ焼きうどんに「具だくさんでおいしそう!!」、「飯テロ」などとコメントも盛り上がりました。また、開催地近隣の一方井(いっかたい)に赴き、地元の小学生が田植えをした田んぼアートも紹介。
 
 盛岡城を建てた陸奥国の武将であり、岩手町の生まれだといわれている南部信直をモチーフにした キャラクター風の田んぼアートを上空からのドローンの映像とともに紹介したほか、一方井の強豪 ホッケーチームを招きPK対決でユーザーと対決するなど、多くの町民や地元の方々と交流しながら イベントを盛り上げました。
 
ニコニコ町会議 岩手県岩手町2

 後半のステージでは、踊り手のみうめや歌い手の胃腸薬などが出演し、エンディングへ向けて会場をさらに盛り上げました。ステージを締めくくる八王子Pは、みうめやあすぱらなどを呼び込み、自身のDJプレイとコラボレーションしたスペシャルパフォーマンスを披露し、会場とネット視聴者の盛り上がりは最高潮に。最後はステージを全て終えた出演者とキャベツマン、佐々木町長が再び登壇し、熱気冷めやらぬままイベントは幕を閉じました。
 

■開催概要
 
イベント名 ニコニコ町会議 全国ツアー2018
主催 niconico
スポンサー スズキ株式会社
特設ページ http://info.nicovideo.jp/chokaigitour/