sn1270株式会社ドワンゴは、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の新たなバージョン「(く)」(読み方:クレッシェンド)を2018年6月28日(木)より開始。ニコニコサービスの"改善"を第一に掲げ、回線の増強やニコニコ生放送のHD(720p)画質配信の枠数制限撤廃、ニコニコ生放送の非ログイン視聴対応など、大きくパワーアップします。

以下、プレスリリースより。
 
■日本最大級の動画サービス『niconico』の新たなバージョン『(く)』が2018年6月28日よりサービス開始!
 
ニコニコ動画・生放送ロゴ

 株式会社ドワンゴは、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の新たなバージョン「(く)」(読み方:クレッシェンド)を2018年6月28日(木)より開始します。
 
 2017年11月に詳細を発表した「(く)」は、ユーザーの皆様の期待に沿えるものではなく、ニコニコへのたくさんのご意見をいただきました。そしてそのご意見をもとに、まずは基本的な動画・生放送サービスの機能改善に注力するため、当初予定していた2018年2月のバージョン変更は延期を決定しました。その後、ユーザーの皆様からのご意見を伺う場としてニコニコ生放送での「意見交換会」や2度の「改善報告会」を実施。その間、動画のフルHD(1080p)画質や生放送のHD(720p)画質対応、動画の非ログイン視聴対応などの改善を実施してきましたが、これらのサービス改善を今後も継続していくことを使命とし、コンセプトを見直して今回「(く)」を開始することに至りました。
 
 「(く)」ではニコニコサービスの"改善"を第一に掲げ、回線の増強やニコニコ生放送のHD(720p)画質配信の枠数制限撤廃、ニコニコ生放送の非ログイン視聴対応(公式生放送は対応番組数を今後拡大、ユーザー・チャンネル生放送は今後対応)などを中心に、今後もユーザーの皆様のご意見を取り入れた対応を進めていきます。
 
 2018年6月28日(木)の「(く)」開始時には、総合トップ・動画トップ・生放送トップページの改修を実施。今後、スマートフォンアプリの改善、ニコニコのカテゴリおよびランキングの見直しを始めるほか、VRライブコミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」と「ニコニコ生放送」において、投げ銭機能の導入も夏に予定しています(今後その他のサービスにも対応予定)。
 
 ニコニコは、改善に向けた新たなバージョン「(く)」を通して、ニコニコの再成長に向けた取り組みをこれからも続けていきます。

 
■「(く)」で予定している取り組み
 
① サービス改善

 ニコニコ生放送のHD(720p)画質配信の枠数制限撤廃やニコニコ生放送の非ログイン視聴対応を実施するほか、ニコニコの回線を約2倍に増強します(730Gbpsから1400Gbps)。
 なお生放送のHD画質配信においては、株式会社ソシオネクストと共同開発したトランスコードシステムを導入します。このシステムは、ソシオネクストが提供する動画コーデックハードウェアを利用し、従来のサーバーのみの構成と比較して2倍以上の処理能力を達成します。これにより、全ての生放送の高画質配信が実現可能となります。
 
② 総合トップ・動画トップ・生放送トップページの改修

 総合トップと動画・生放送の各トップにおいてデザインを一新。生放送においては、現状の公式生放送のみの表示ではなく、ユーザー生放送の番組情報も表示されるようになります。
 
③ ランキング・カテゴリの見直し

 ランキングにおいては、現状から大きく改善をするため抜本的な見直しを予定しています。またカテゴリにおいては、現状の分類が旧来のままのため、新しいカテゴリの追加に向けてユーザー意見を募るSlackページを後日開設します。
 
④ 投げ銭機能の導入

 VRライブコミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」と「ニコニコ生放送」において、投げ銭機能の導入を夏に予定しています。今後、そのほかのサービスにも対応していく予定です。

 
■今後のサービス改善予定
 
新たに改善を決定した項目(順次対応予定)
 
■動画

ニコニコ動画(く)ロゴ

●チャンネルでフルHD(1080p)画質の動画が30分まで投稿できるように
●動画投稿にレジューム機能を追加
●解像度を維持した再エンコードルールの導入
●一般会員でもスマホブラウザから動画投稿ができるように
●「ニコる」の復活
 
■生放送

ニコニコ生放送(く)ロゴ

●公式生放送の非ログイン視聴の拡大(すでに過半数の番組で対応)
●ユーザー生放送、チャンネル生放送の非ログイン視聴対応
●チャンネル生放送のHD(720p)画質対応
●ニコニコ生放送の実験放送を開始
●新ニコニ広告のクリエイター奨励プログラム対応
●投げ銭機能の導入
 
■動画&生放送

●回線増強(730Gbpsから1400Gbpsまで増強)
●スマートフォンアプリの改善
●ニコニコ総合トップ・動画トップ・生放送トップのデザイン改修

 
■2018年内に対応予定の項目
 
■動画

ニコニコ動画(く)ロゴ

●シリーズ動画機能の実装
●ランキング・カテゴリ見直し
●動画視聴履歴の件数を増加(現状の100件を200件に増加)※プレミアム会員向け
 
■生放送

ニコニコ生放送(く)ロゴ

●ユーザー生放送のHD(720p)画質の配信枠数を制限無しに
●タイムシフトの画質改善
●Androidアプリでのアンケート参加
●生放送視聴中の追いかけ再生機能追加 ※プレミアム会員向け
 
■動画&生放送

●動画と生放送の各NGワードの件数を増加(現状の200件を500件に増加)※プレミアム会員向け

 
■これまでに対応済みの改善
 
 2018年4月末までに対応を掲げた項目
 
■動画

ニコニコ動画(く)ロゴ

●ニコニコ動画がログイン不要で視聴可能に※提供開始時はPC・スマホブラウザのみ、後日iOS/Androidアプリも対応
●回線環境に合わせ、最適な動画画質への自動切り替え
●チャンネル動画でフルHD(1080p)画質の動画の投稿・視聴が可能に
●一般会員も動画シークが可能に
●フルHD(1080p)画質動画の再生を30分までの動画尺に拡張※現在は15分まで
●投稿時の動画説明文の編集が簡単に
●SWF形式の動画をMP4形式で視聴可能に
●音楽アプリ「Nicobox」で、動画変換の待機時間を解消
 
■生放送

ニコニコ生放送(く)ロゴ

●ユーザー生放送のHD(720p)画質の配信枠数を増加
●ニコニコミュニティのフォロー上限を増加
●チャンネル生放送の新配信サーバー移行による高画質配信、遅延改善、自動画質選択
●番組サムネイルを配信映像のスクリーンショットに変更
●配信枠の自動延長機能の追加
●動画引用放送の新配信サーバー対応
 
■プレミアム会員向け

●動画の再生速度変更(PC・スマホブラウザ版に1.5倍と2倍を追加)
●コミュニティフォローの件数をさらに増加

 
■その他対応となった機能改善
 
■2017年12月~

●動画投稿時に、以前投稿した動画からタイトルと説明文を引用できるように(2017年12月14日)
●ユーザー生放送で、新しいHTML5プレーヤーを開発(2017年12月20日)
●PC版ニコニコ動画で、投稿者コメント編集モード時にコメントリストでも改行を含んだ文字列を張り付けられるように(2017年12月20日)
●動画の連続再生時、レジューム位置を無視して次の動画を冒頭から再生するように(2017年12月20日)
 
■2018年1月~

●一般会員でも、フルHD動画の投稿が可能に(2018年1月18日)
●スマートフォンブラウザで生放送を視聴時に、視聴ページからタイムシフト予約の追加と削除ができるように(2018年1月19日)
●ユーザー生放送で、100枠限定でHD(720p)画質配信ができるように(2018年1月23日)
●低スペックなPCのために、生放送プレイヤーに軽量モードを追加(2018年1月23日)
●生放送のフルスクリーン設定(ブラウザサイズ・モニタサイズの変更)をどの画面でも切り替えられるように(2018年1月23日)
●生放送で配信できる音質が向上。最大192kbps/48kHzの高音質で配信が可能に(2018年1月29日)
 
■2018年2月~

●Nintendo Switch版niconicoアプリで、公式生放送が視聴ができるように(2018年2月1日)
●チャンネル生放送の番組開始をブラウザでプッシュ通知できるように(2018年2月6日)
●Androidアプリにて、横画面での視聴時に動画・番組情報やコメント一覧を映像と一緒に見られるように(2018年2月8日)
●ユーザー生放送の検索ページの一部で配信映像のスクリーンショットが表示されるように(2018年2月13日)
●投稿動画一覧ページから直接マイリストに登録できるように(2018年2月14日)
●動画のタイトルと説明文の最大文字数が約3倍に増加(2018年2月15日)
●番組タイトル・説明文が文字数オーバーした場合、何文字オーバーしたのかが表示されるように(2018年2月16日)
●動画説明文の入力フォームが改善。HTMLタグを入力しなくても改行や文字装飾ができるように(2018年2月22日)
●「低遅延モードOFF」時の視聴が、より安定するように。特にFirefoxの音声ループ不具合に効果的(2018年2月26日)
●スマートフォンブラウザでの動画視聴時、ピーク時間帯以外なら一般会員でもプレミアム会員と同等の画質で視聴可能に(2018年2月26日)
●動画投稿の確認画面で、動画の公開設定が確認できるように(2018年2月27日)
●スマートフォンブラウザで、チャンネル生放送の視聴・コメント投稿ができるように(2018年2月27日)
●午前2時の時報が終了(2018年2月28日)
 
■2018年3月~

●「niconico ch」アプリの検索機能が大幅アップデート。動画・生放送・チャンネルの検索が可能に(2018年3月1日)
●720pに満たない解像度の動画の上限ビットレートが、最大1Mbpsから2Mbpsに引き上げ(2018年3月1日)
●ニコニ広告がマイナス検索に対応(2018年3月1日)
●「【配信専用】ニコニコ生放送」アプリで最大6時間・2Mbpsでの配信が可能に(2018年3月5日)
●動画投稿時のタイトル・説明文入力フォームで、「あと何文字入力できるか」がリアルタイムで分かるように(2018年3月6日)
●AndroidアプリにコメントNG設定機能が追加。コメント一覧から直接コメント・ユーザーをNGできるように(2018年3月6日)
●ニコニコミュニティのブログパーツがHTTPSページにも貼れるように(2018年3月13日)
●スマートフォンブラウザ版ニコニコ動画で、前回見たランキングカテゴリが保存されるように(2018年3月15日)
●Androidのブラウザ(Google ChromeとFirefox)で、全画面再生時の動画がより大きく表示されるように(2018年3月15日)
●PC(HTML5版)にて、動画プレイヤー内で直接マイリスト登録ができるように。全画面再生時にも対応(2018年3月19日)
 
■2018年4月~

●「【配信専用】ニコニコ生放送」アプリにコテハン機能を追加(2018年4月4日)
●PC(HTML5版)にて、画質の自動調整機能を一部ユーザーから試験提供開始(2018年4月5日)
●Androidアプリにて、ニコレポの最大表示件数を増加。過去1ヶ月分がすべて見られるように(2018年4月5日)
●ニコニコ動画で、古い動画のファイル形式変換を開始、変換後はスマートフォンやゲーム機で再生できなかった動画が再生できるように(2018年4月9日)
●iOSアプリでも、ニコレポの最大表示件数を増加。過去1か月分がすべてが見られるように(2018年4月16日)
●動画投稿時に、以前の投稿からタグも引用できるように(2018年4月17日)
●ユーザー生放送で、HD(720p)画質配信できる枠数が100枠から200枠を経て、500枠に(2018年4月18日)
●Nintendo Switch版niconicoアプリで、コメント一覧表示・コメントNG設定機能などを追加(2018年4月19日)
●ニコニコミュニティで「現在生放送中のコミュニティ」の表示件数が「9件」から「15件」に(2018年4月19日)
●ニコニ立体に投稿された3Dキャラクターを、バーチャルキャストで自分のアバターとして使えるように(2018年4月20日)
 
■2018年5月~

●Android版アプリで生放送バックグラウンド再生に対応(プレミアム限定)(2018年5月17日)
●dアニメストアニコニコ支店でニコニコアニメチャンネルの動画からコメントが引用表示(2018年5月17日)
 
ニコニコ動画・生放送ロゴ


niconico(ニコニコ)

http://www.nicovideo.jp/