sn1261株式会社ドワンゴは、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、2018年5月15日(火)よりスタジオジブリ・故高畑勲監督の追悼特別番組を放送。高畑氏が演出や監督として携わってきた代表作の中から映画『パンダコパンダ』、テレビアニメ『じゃりン子チエ』の一挙放送を実施します。

以下、プレスリリースより。
 
■故・高畑勲監督を偲ぶ3つの特別番組がニコニコ生放送にて配信決定
 
故高畑勲監督 追悼特別番組

 今回niconicoでは、2018年4月5日に逝去した故高畑勲監督を偲び、氏が遺した多くの作品・功績を振り返る追悼特別プログラムをお届けします。

 スタジオジブリにてお別れの会が執り行われる2018年5月15日夜には、演出や監督として携わってきた代表作の中から映画『パンダコパンダ』、テレビアニメ『じゃりン子チエ』の一挙放送を実施。
 さらに5月18日には、氏の「研究者」としての側面を紹介する特別番組を放送するほか、日本テレビ系列・金曜ロードSHOW!で放送される映画『かぐや姫の物語』のコメントチャット放送もお届けします。

 
■ニコニコ生放送概要
 
タイトル 『パンダコパンダ』『じゃりン子チエ』1話~10話 高畑勲さんを偲んで
放送日 2018年5月15日(火)
放送時間 19時~24時(予定)
番組URL http://live.nicovideo.jp/watch/lv313006543

故高畑勲監督 追悼特別番組

タイトル もうひとりの高畑勲 ~研究者としての顔~
放送日 2018年5月18日(金)
放送時間 19時~21時(予定)
番組URL http://live.nicovideo.jp/watch/lv313049656
出演者 大塚英志(批評家・民俗学者)ほか
概要 世界的アニメーション監督である高畑勲氏の「研究者」としての側面を徹底的に解き明かします。

 ●高畑監督の絵巻アニメ論が成立した戦前・戦時下の映画理論等から見た歴史的背景
 ●高畑監督が影響を受けた戦前・戦時下の映画論・絵巻論に関する本の現物の紹介
 ●『ホーホケキョ となりの山田くん』『かぐや姫の物語』と「略画」式の関係
 ●絵巻の文法を漫画に使ったらどうなるか、という検証実験について
 ●高畑監督が著書『十二世紀のアニメーション』で行っていた「絵巻を漫画のコマにする」実験を踏まえた「絵巻の漫画形式への変換」について ほか

※番組の内容は変更される場合があります。

 
タイトル 【高畑勲監督追悼】「かぐや姫の物語」をみんなで見て、語るチャット生放送
放送日 2018年5月18日(金)
放送時間 20時30分~23時59分(予定)
番組URL http://live.nicovideo.jp/watch/lv313025474
備考 ※地上波放送日時:21時~23時49分
※本番組で映画本編の映像・音声は流れません。

© TMS
© はるき悦巳/家内工業舎・TMS