sn1222株式会社ドワンゴは、4月16日(月)に自社が開発したVR向け・新3Dアバターファイルフォーマット「VRM」を提供開始。なお、4月13日(金)にサービスを開始したVRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」利用時のアバターは本ファイル形式を採用しているほか、立体投稿共有サービス「ニコニ立体」にて同形式の投稿受付を開始しています。

以下、プレスリリースより。
 
■ドワンゴがVR向け3Dアバターファイル形式『VRM』を開発・提供を開始!
 
VR向け3Dアバターファイル形式「VRM」

 株式会社ドワンゴは、2018年4月16日(月)に自社が開発したVR向け・新3Dアバターファイルフォーマット「VRM」を提供開始しました。なお、4月13日(金)にサービスを開始したVRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」利用時のアバターは本ファイル形式を採用しているほか、立体投稿共有サービス「ニコニ立体」にて同形式の投稿受付を開始しました。
 
 「VRM」はプラットフォーム共通のファイル形式で、対応アプリケーション全てにおいて同じアバター(3Dモデル)データを使うことができます。これにより、生放送、動画、ゲーム、チャットなど、それぞれで存在するVR世界が繋がり、プラットフォームを超えた自由なコラボレーション実現の一助となることを目指しています。なお、「VRM」形式とその標準実装(Unity対応)はすべて無料かつ自由に使用できるようオープンソースで公開します。( https://dwango.github.io/vrm にてMITライセンスで提供開始)加えて、立体投稿共有サービス「ニコニ立体」でも同形式の投稿受付を開始しました。
 

■VRM詳細
 
 VRやVTuberなどにおいて「キャラクターや人型のアバター(3Dモデル)」を取り扱おうとした場合、クリエイターが使用するモデリングツールによって構成や3Dデータフォーマットが異なるなど統一した取り扱いが難しく、そのため従来はアプリケーションや3Dモデルデータごとに独自のシステムを開発したり細かく調整をしたりする必要がありました。こういった状況を改善し、3Dモデルクリエイターやアプリケーション側の取り扱いを簡単にするために作られたのが「VRM」です。「VRM」は、“プラットフォーム非依存の3Dアバターファイルフォーマット”を提案するものです。
 

■特徴
 
 「VRM」では人型のキャラクター・アバターを取り扱いやすいことが大きな特徴です。Unityで VRMファイルを読み書きする標準実装が提供されますが、フォーマット自体はプラットフォーム 非依存であるため、他エンジンや環境でも取り扱うことができます。
 
 このほか、「ネットワークに相互接続されたアバターによるVRコミュニケーション」を考えた場合、自分のアバターデータを他の人から自分の姿が見えるように他のユーザへ送信する、ということも行われることになります。 この場合、従来の考え方に基づく「再配布」規定だけでは対応できない 場面が考えられるため、VRMでは「モデルデータ自体に対しての改変・再配布規定(Creative Commonsなどから設定可能)」や「モデルデータを使用して「人格を演じる」ことについての許諾規定」をファイルに設定できるなど新時代のファイルフォーマットとして設計されています。
 なお、今回の新ファイルフォーマット開発・提供にあたり、以下企業各社様よりご賛同をいただいています。
 
■賛同企業一覧(50音順)

株式会社インフィニットループ、株式会社エクシヴィ、株式会社オーナカ、Gugenka ® from CS-REPORTERS.INC、クラスター株式会社、株式会社Psychic VR Lab、株式会社ViRD、株式会社ハシラス