sn1210株式会社ドワンゴは、公益財団法人日本棋院の協力のもと、2018年4月7日(土)に、日本発の囲碁AI「DeepZenGo」が過去に敗退した中国、韓国、日本のトップ棋士達に挑む「囲碁電王戦FINAL」 の第3局を日本棋院 東京本院で開催しました。その結果、「DeepZenGo」は趙治勲名誉名人に対し、85手まで黒番中押し勝ちしました。

以下、プレスリリースより。
 
■『囲碁電王戦FINAL』の最終局は『DeepZenGo』が趙治勲名誉名人に85手で黒番中押し勝ち!
 
『囲碁電王戦FINAL』最終局

 株式会社ドワンゴは、公益財団法人日本棋院の協力のもと、2018年4月7日(土)に、日本発の囲碁AI「DeepZenGo」が過去に敗退した中国、韓国、日本のトップ棋士達に挑む「囲碁電王戦FINAL」 の第3局を日本棋院 東京本院で開催しました。その結果、「DeepZenGo」は趙治勲名誉名人に対し、85手まで黒番中押し勝ちし、「囲碁電王戦FINAL」は「DeepZenGo」の2勝1敗で幕を閉じました。
 
 なお、2016年3月に発足した日本発の囲碁AI開発プロジェクト「DeepZenGoプロジェクト」は本対局をもって終了し、囲碁AI「DeepZenGo」は引退となります。
 

■第3局 対戦結果
 
開催日 2018年4月7日(土)
開催時間 10:00~14:00
対局場所 日本棋院 東京本院
対局結果 【先手】「DeepZenGo」 vs 【後手】趙治勲名誉名人
⇒85手で「DeepZenGo」の黒番中押し勝ち
対局ルール 19路盤、互先(黒番6目半コミ出し)日本ルール、持ち時間3時間・5分前から1分の秒読み
※休憩時間は設けず終局まで打ち継ぐ
生放送 http://live.nicovideo.jp/watch/lv311733230

 
■終局後の両対局者のコメント
 
『囲碁電王戦FINAL』最終局 趙治勲名誉名人

■趙治勲名誉名人

「『DeepZenGo』の実力は2年前とは比べられない程強くなっています。2年前の対局時は勝てるという自信を持てたのですが、今回は思うように並べられませんでした。『DeepZenGo』は、棋士の皆さんの勉強にもなりますし、幽玄の間でも若手棋士と24時間相手をしてくれるので、感謝の言葉しかないです。『DeepZenGoプロジェクト』が終わってしまうことは残念でなりません。」


『囲碁電王戦FINAL』最終局 DeepZenGo

■「DeepZenGo」の開発メンバー加藤英樹氏

「まずは、勝ち越ししてよかったです。趙治勲先生は、『DeepZenGoプロジェクト』が始まって最初に3局を打っていただいた相手で、その時負け越した相手でもあるので、色々な意味で思い出があります。「囲碁電王戦FINAL」の3局は中国、韓国、日本と、忙しく駆け巡っていましたが、『DeepZenGo』としてはこれが最後となります。ファンの皆様にはこれまでの応援ありがとうございました。これからも現役で研究を続けますので、よろしくお願いいたします。」


 
■第1局 対戦結果
 
『囲碁電王戦FINAL』第1局目 01

開催日 2018年3月24日(土)
開催時間 10:00~15:00(現地時間9時開始)
対局場所 中国・北京
対局結果 【後手】「DeepZenGo」 vs 【先手】ミイク廷九段
⇒229手でミイク廷九段の黒番中押し勝ち
対局ルール 19路盤、互先(黒番6目半コミ出し)日本ルール、持ち時間3時間・5分前から1分の秒読み
※休憩時間は設けず終局まで打ち継ぐ
生放送 http://live.nicovideo.jp/watch/lv311733082

 
■第2局 対戦結果
 
囲碁電王戦FINAL 第2局 対局中

開催日 2018年4月1日(土)
開催時間 10:00~15:00
対局場所 韓国・ソウル
対局結果 【先手】「DeepZenGo」 vs 【後手】朴廷桓九段
⇒169手で『DeepZenGo』の黒番中押し勝ち
対局ルール 19路盤、互先(黒番6目半コミ出し)日本ルール、持ち時間3時間・5分前から1分の秒読み
※休憩時間は設けず終局まで打ち継ぐ
生放送 http://live.nicovideo.jp/watch/lv311733206

 
■ルール
持ち時間3時間・5分前から1分の秒読み、互先(黒番6目半コミ出し)日本ルール
※休憩時間は設けず終局まで打ち継ぐ
■主催
株式会社ドワンゴ
■囲碁電王戦FINAL特設サイト
http://denou.jp/go_final/
■囲碁電王戦FINAL プロモーションビデオ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm32893299

 
■DeepZenGoプロジェクトについて

 人工知能技術の向上と囲碁界の発展に貢献することを目的に、世界トップレベルの囲碁AIの開発を目指したプロジェクト。囲碁ソフト『Zen』の開発者・尾島陽児氏と加藤英樹氏を中心に、東京大学松尾研究室および公益社団法人日本棋院の協力と、ドワンゴによる開発環境の提供により、2016年3月に発足。
 
囲碁電王戦FINAL